◆財産分与とは 財産分与は、婚姻生活中に夫婦で共同して築き上げてきた財産を、離婚の際にその形成や取得の貢献度に応じて分配する制度です。

06-6314-9841

月~金 9:00~18:00

※事前予約で土日祝も ご相談に応じます。

お問い合わせ

法律関連記事

離婚時の財産分与|対象となる財産や割合の決め方は?のご相談、手続きまたは、手続き等について解説します。離婚時の財産分与|対象となる財産や割合の決め方は?をはじめとしたご相談、離婚に関するご相談、交通事故の示談交渉、及び後遺症認定のご相談なら大阪市(大阪駅・北新地駅・梅田駅)の梅ヶ枝町法律事務所へ。
  1. 梅ヶ枝町法律事務所 >
  2. 離婚に関する記事一覧 >
  3. 離婚時の財産分与|対象となる財産や割合の決め方は?

離婚時の財産分与|対象となる財産や割合の決め方は?

◆財産分与とは
財産分与は、婚姻生活中に夫婦で共同して築き上げてきた財産を、離婚の際にその形成や取得の貢献度に応じて分配する制度です。

財産分与の種類は大きく分けて3つがあります。
・清算的財産分与
これが一番典型的な財産分与の形態と言えるでしょう。これは上記の説明の通り、婚姻生活中に夫婦で築き上げた財産を、財産取得や形成の貢献度に応じて分配するものとなっています。
離婚原因がどのようなものであり、どちらに原因があるかに関係なく、夫婦で築いた財産は夫婦間でのみ分け合おうというものです。
そのため、離婚原因となった配偶者からの請求も認められます。

・扶養的財産分与
離婚をした際に夫婦の一方が生活に困窮してしまうような場合に、その生計の補助を目的とした扶養をするための財産分与です。
一方が病気を患っていたり、経済力の弱い専業主婦や高齢の場合に認められることがあり、経済力の弱い配偶者に対して、離婚後もその者の生活を扶養するため、一定の額を定期的に支払うという方法が一般的なものとなっています。

・慰謝料的財産分与
一方の配偶者の行為によって、もう一方の配偶者に損害が発生したような場合(不貞行為やDVなど)、その発生した損害に対する慰謝料としての意味を持つのが、慰謝料的財産分与です。
本来は慰謝料請求と財産分与は別個の制度であるため、慰謝料と財産分与は別々に請求するのが原則となっています。

しかし、両者を明確に区別することなく、まとめて「財産分与」として請求をしたり、支払いをすることも可能となっています。

◆財産分与の対象となる財産
・対象となるもの(共有財産)
夫婦の共同名義で購入した不動産、夫婦の共同生活に必要な家具や家財などが財産分与の対象となります。
上記以外にも、預貯金や車、不動産、保険解約返戻金、退職金、有価証券といったような、婚姻中に夫婦が協力して築き上げた、もしくは取得した財産であれば、財産分与の対象となります。

もっとも、財産分与の対象となる財産は「別居時」を基準に確定します。そのため、婚姻中であっても別居後に取得した財産であれば、財産分与の対象にはなりません。

・対象とならないもの(特有財産)
特有財産は財産分与の対象とはなりません。
特有財産とは、「婚姻前から有していた財産」と「婚姻中での経済活動とは無関係に取得した財産」のことをいいます。

婚姻前から有していた財産の例としては、独身時代に貯めた定期預金が考えられます。夫婦の婚姻生活とは無関係に取得した財産の例としては、婚姻中に相続によって得た不動産などが考えられます。

・マイナスの財産(債務)
マイナスの財産、すなわち債務に関しては、夫婦共同の経済活動によって生じたものであれば、財産分与において考慮の対象となります。
具体的にはプラスの財産と同様の割合で債務を分割し、プラスの財産から差し引くといった方法により算出されます。
しかしながら、夫にギャンブル癖があったような場合に発生しているような債務であれば、夫婦共同の経済活動によって生じたものとはいえないため、財産分与の対象となることはありません。

◆財産分与の割合
財産分与の分配割合の決め方は、財産の形成や取得に夫婦の一方がどれほど貢献したかという点を基準にして決めていくことになりますが、基本的には2分の1ずつで分与がなされます。

専業主婦をされていた方の中には、分与の対象となる財産が夫の稼いだものであるため、財産分与の請求に対してためらわれる方がいらっしゃいます。
しかし、専業主婦も財産の管理・維持に貢献しているといえるため、原則的に2分の1ずつの分配となっています。

もっとも財産の形成が夫婦の片方に非常に大きく依存しているような特殊なものである場合には、分与の割合が修正される可能性もあります。

梅ヶ枝町法律事務所では、大阪市(大阪駅・北新地駅・梅田駅)の相続、離婚、交通事故の示談交渉や、各種慰謝料請求、企業法務の法律相談などをお受けしています。
財産分与でお困りの方はお気軽にご連絡ください。

梅ヶ枝町法律事務所が提供する法的サービスの基礎知識と事例

  • 兄弟姉妹間で起こりやすい遺産相続トラブル

    兄弟姉妹間で起こりやすい遺産相続トラブル
    通常の場合、遺産相続の場合に親族は民法上定められた法定相続分の遺産を相続することがで...
  • 慰謝料・財産分与

    慰謝料・財産分与
    財産分与は、離婚に際し、婚姻中に共同で築き上げた夫婦の財産を清算・分配することです。...
  • 夫婦関係の修復が難しいケースとは

    夫婦関係の修復が難しいケースとは
    配偶者からDVやモラルハラスメントを受けている場合、それ以前のような関係に修復するの...
  • 遺産相続の期限

    遺産相続の期限
    遺産相続の一連の手続きには、期限が定められているものがいくつかあり、期限を徒過してし...
  • 相続法の改正でどう変わったか

    相続法の改正でどう変わったか
    2018年7月6日、「相続に関する民法等の規定を改正する法律」と「法務局における遺言...
  • 悪質商法

    悪質商法
    悪質商法の被害は減る気配を見せず広がりすら見える昨今。大きな社会問題となっており、被...
  • 保険会社が提示する示談金の内容

    保険会社が提示する示談金の内容
    保険会社が提示する保険会社基準の示談金は、裁判基準(裁判で認められる賠償金)と比較す...
  • 納得できない遺言を無効にするには

    納得できない遺言を無効にするには
    遺言書が有効でない場合、遺言は相続人に対して法的拘束力を有しません。その場合、相続人...
  • 自筆証書遺言書の保管方法について~法務局への申請方法や手順~

    自筆証書遺言書の保管方法について~法務局への申請方法や手順~
    2018年年7月6日に「法務局における遺言書の保管等に関する法律」が成立し、施行日で...

梅ヶ枝町法律事務所に寄せられる「離婚時の財産分与|対象となる財産や割合の決め方は?」関連の法律トラブル・ご相談事例

基礎知識に関するキーワード

手続きに関するキーワード

代行に関するキーワード

相談に関するキーワード

交渉に関するキーワード

対応エリアに関するキーワード

離婚時の財産分与|対象となる財産や割合の決め方は?をはじめとした相続問題、交渉、交通事故、離婚の示談等に関する知識、手続についてご紹介しています。離婚時の財産分与|対象となる財産や割合の決め方は?をはじめとした離婚時の財産分与|対象となる財産や割合の決め方は?に関する知識、手続きその他相続・遺産問題についてご紹介するサイトです。
離婚時の財産分与|対象となる財産や割合の決め方は?をはじめとした相続問題、交通事故、離婚等についてご紹介しています。
©梅ヶ枝町法律事務所 All rights Reserved.