取扱業務・取り扱い分野-梅ヶ枝町法律事務所/梅ヶ枝町法律事務所は、丁寧な事件処理をモットーに最善の解決を目指します。

梅ヶ枝町法律事務所

06-6314-9841

月~金 9:00~18:00

※事前予約で土日祝も ご相談に応じます。

お問い合わせ
離婚、交通事故、相続、労働問題、借金問題、刑事事件のご相談は大阪市の梅ヶ枝町法律事務所 (ウメカ゛エチョウホウリツシ゛ムショ) にお任せください。

離婚、交通事故、相続、労働問題、借金問題、刑事事件のご相談は大阪市の梅ヶ枝町法律事務所にお任せください。

大阪市の相続、離婚、交通事故、企業法務のご相談/梅ヶ枝町法律事務所の取扱業務のご紹介

梅ヶ枝町法律事務所の取扱業務について

離婚

梅ヶ枝町法律事務所が提供するサービス
離婚にあたり最も大切なことは冷静に対処することです。
考えることはいろいろあります。
・離婚することが最善の選択か。
・夫婦間できちんと話し合いが出てきてるか?
・子供にとり離婚が望ましいか。
・親権はどちらが持つのか。
・法的に有効な公正証書が作成出来ているか。
そのような事柄を考慮しても離婚の意思が変わらないのであれば、それに向けた準備を整えると共に離婚前の約束を書面(離婚協議書)にまとめなければいけません。
煩わしいことはどうしても後回しになるのが人間ですが、将来大切なことなので書面にして残すようにしましょう。
【離婚協議書に記載すべき事項】
●財産分与
●離婚慰謝料について
●子供の親権
●子供の養育費
●子供の面会交流権
●子供の監護権
公正証書にして残すことで離婚後の権利がより強固になります。
当事務所では、後悔しない、将来が安心出来る離婚協議書作成をサポートいたします。
【料金】
メール相談料:メールのみのご相談はお受けしておりません。ただし、事件処理の委任を受けた後は、関連事項に関するメール相談に無料で対応します。
電話相談料:電話のみのご相談はお受けしておりません。ただし、事件処理の委任を受けた後は、関連事項に関する電話相談に無料で対応します。
面談相談料:30分あたり、5,400円(税込)。なお、初回面談のみ1時間まで5,400円(税込)とさせていただきます。

相続・遺言

核家族化が進み高齢化社会となった現代、相続問題もより複雑になりました。
家族(身内)だからこそ感情的にもなりやすい相続トラブル。
相続される側、相続する側……どちらの立場になっても相続問題は避けて通れません。
仲が良かった兄弟・姉妹でさえ長期間にわたりトラブルとなる事例が多々あります。
円満な相続を果たすには「小さな相続にもきちんとした対策」を取るべきなのです。
被相続者は、残された家族たちに「幸せに過ごしてもらいたい」という気持を誰もが持っています。
円満な相続の実現は「人生における最後の願い」かもしれません。
そのひとつの方法が遺言書を残すことです。
遺言書があれば相続人同士のトラブルを未然に防ぐことができます。
被相続者の意思を重視して、相続人にも納得頂ける遺言書の作成をサポートさせて頂きます。
相続の法律相談、相続税対策、相続登記など各種手続きでお困りの方、相続問題の相談窓口・事務所をお探しの方は是非お問い合わせください。
また、相続税対策についても、税理士と連携のもと最適・最善のアドバイスをさせて頂きます。
【料金】
メール相談料:メールのみのご相談はお受けしておりません。ただし、事件処理の委任を受けた後は、関連事項に関するメール相談に無料で対応します。
電話相談料:電話のみのご相談はお受けしておりません。ただし、事件処理の委任を受けた後は、関連事項に関する電話相談に無料で対応します。
面談相談料:30分あたり、5,400円(税込)。なお、初回面談のみ1時間まで5,400円(税込)とさせていただきます。

交通事故

現在、交通事故の多くは被害者と保険会社による示談交渉が普通になっています。
車同士の事故でも双方に過失があれば保険会社同士の示談交渉になります。
保険のプロがやることであり賠償額や過失割合に不満があっても保険会社の提示で納得するしかない……そう思いがちですが、そのようなことはありません。
キチンとした交渉を行なった結果、保険会社から提示された額より大幅に増額されたというケースも多く、中には何千万と金額が変わるケースもあります。
◆専門家に相談を
保険会社から損害賠償額の提示を受けたら、まずその提示された金額が相当なのかどうかお考えください。
そして疑問や不満があれば当事務所へご相談ください。
本来受け取るべき裁判所の基準額との差が大きいようであれば当事務所が保険会社と交渉いたします。
保険会社の提示する低い金額で合意した場合、その金額が認められてしまいます。
後から「損害賠償額が低いから示談をやり直す」「示談を取り消す」ことはできません。わからないまま示談書にサインしないようにしてください。
【料金】
メール相談料:メールのみのご相談はお受けしておりません。ただし、事件処理の委任を受けた後は、関連事項に関するメール相談に無料で対応します。
電話相談料:電話のみのご相談はお受けしておりません。ただし、事件処理の委任を受けた後は、関連事項に関する電話相談に無料で対応します。
面談相談料:30分あたり、5,400円(税込)。なお、初回面談のみ1時間まで5,400円(税込)とさせていただきます。

悪質商法

悪質商法の被害は減る気配を見せず広がりすら見える昨今。
大きな社会問題となっており、被害を受けてからの対応のみならず、被害に遭う前の対策も必要となっています。
消費者としての賢い知識を身につけて、自分の財産をシッカリ守りましょう。
悪質商法をいくつかご紹介します。
◆悪質商法の種類と概要
・資格(士)商法
経営、法律、建築等一般の公的資格と極めてまぎらわしい架空の資格の取得や正規な資格の取得を名目に、類似した教材を送りつけて教材費や登録料等を騙し取る。
・資格商法二次被害
各種資格教材等を購入して被害を受けた一次被害者に対し、電話で救済制度を提案、登録料等を名目に金銭をだまし取る。
・アポイントメントセールス
電話やハガキを利用して虚偽の当選を語り、事務所や喫茶店等に呼び出して断りきれない状況の中で商品購入の契約をさせてしまう。
・キャッチセールス
人通りの多い路上や駅などでアンケートを求めるふりをして呼び止めて、学習教材や映画会員権等を売り付ける。
・催眠(SF)商法
会場を熱狂的な雰囲気に盛り上げ、一種の催眠状態になった時に高額な商品をあたかも安いように装って売りつける。
・マルチ(連鎖販売)商法
「新たな購入者を紹介したら高い手数料を支払う」等、リベートを餌に消費者を次々と販売員に仕立てて組織を拡大していく(ネズミ講(無限連鎖講))。
・送り付け商法(ネガティブ・オプション)
注文していない商品を勝手に送り付けて代金を一方的に請求する(郵便や宅配便を使った代金引換え等の手法もあります)。
・かたり商法
消防署等の公的機関から来たかのような紛らわしい喋りと服装で身分をかたり、法的な設置義務があるなどと称して物品を売り付ける。
他にも「霊感・霊視商法」「危険商法・点検商法」等、多くの悪質商法があります。
悪徳商法に関するお悩みやトラブルを抱える方は、お早目にご相談ください。
【料金】
メール相談料:メールのみのご相談はお受けしておりません。ただし、事件処理の委任を受けた後は、関連事項に関するメール相談に無料で対応します。
電話相談料:電話のみのご相談はお受けしておりません。ただし、事件処理の委任を受けた後は、関連事項に関する電話相談に無料で対応します。
面談相談料:30分あたり、5,400円(税込)。なお、初回面談のみ1時間まで5,400円(税込)とさせていただきます。

借金問題

借金問題で悩む人がいます。
借金の原因が人それぞれ違うように、解決法も人それぞれ。
ベストな解決のためには、専門家への相談が近道です。
債務整理の方法は個別の事情によっても変わりますので、まずは専門家へ相談するのが良いでしょう。
◆過払い返還請求
完済している借金にも過払いが生じているケースがあります。
また、過払い金の額が大きければ借金を減らすこと、謝金をすべて返済出来る可能性もあります。
◆自己破産
ほとんどすべての財産を処分して免責(借金を返済しないで良い制度)を受けます。
一定期間、新たな融資を受けられなくなる、一定の職業に就くことが出来なくなる等のデメリットもあります。
◆個人再生(民事再生)
返済額を約2割程度に減額、それを3~5年かけて返済していく等の手続きです。
安定した定期収入のある方、自宅に住み続けたいという方、職業制限などで破産出来ない方などに適しています。
◆任意整理
破産や再生を利用出来ない場合には任意整理を行ないます。
貸金業者等と交渉を行なって無理のない返済計画へ変更します。
このように債務整理の方法は個別の事情によっても変わりますので、お気軽にお尋ねください。
弁護士にご依頼することにより「貸金業者からのしつこい取立てが止まる」「過払いで有利な交渉・和解を期待出来る」という精神的な面でのメリットもあります。
【料金】
メール相談料:メールのみのご相談はお受けしておりません。ただし、事件処理の委任を受けた後は、関連事項に関するメール相談に無料で対応します。
電話相談料:電話のみのご相談はお受けしておりません。ただし、事件処理の委任を受けた後は、関連事項に関する電話相談に無料で対応します。
面談相談料:30分あたり、5,400円(税込)。なお、初回面談のみ1時間まで5,400円(税込)とさせていただきます。

企業法務

(1)日常的な法律相談が可能に
昨今の司法制度改革により弁護士の数は増えたものの(平成24年1月末現在約3万人)、40万人近くいる医師・歯科医師に比べると、依然として法律事務所は敷居が高く、気軽に弁護士に相談することはできないものだと考えられています。実際、身近に弁護士がいなければ、まずは弁護士を探し、相談の日時を予約し、法律事務所に訪れるまでにかなりの日数を要するのが通常です。また、初回の法律相談には、見ず知らずの他人に悩みを打ち明けるという点で精神的にも大きなハードルがあります。さらに、多くの場合、法律相談には少なからず相談料というコストもかかります。このような現状では、企業経営で日常的に生じるレベルの些細な法律問題を、わざわざ弁護士に相談してみようとは考えないのではないでしょうか。しかし、そのような些細な法律問題が、後に紛争に発展し、思いも寄らぬ深刻な事態に陥ってしまうというケースは決して珍しくありません。
これに対し、弁護士と顧問契約を結ぶことにより、時間的にも、精神的にも、コストの面でも、法律相談までのアクセスが極めて容易になります。梅ヶ枝町法律事務所の顧問先企業者様にも、頂いたお電話で直ちにご相談の本題に入り、10分から20分程度の電話回答でご満足頂けている事例が多数あります。その結果、気軽に相談できる専門家が身近にいるという安心感を得られるにとどまらず、紛争の芽を小さなうちに摘み取る「予防法務」の精度が飛躍的に向上します。
(2)企業の実情に沿った迅速な対応
顧問契約を結ぶことで、弁護士は顧問先企業の実情を適時適切に把握することができます。これにより、法律相談の際、本題に入る前にその背景・経緯を長々と説明しなくても、企業の実情に沿ったコンサルティングを受けることができます。また、民事保全事件(仮差押、仮処分)など特に急を要する案件では即日に面談をする必要性が高く、また、弁護士が企業の実情に精通していなければ、適切な対応を迅速にとることは極めて難しい案件も多数あります。初動の遅れが命取りになる案件では、より一層弁護士とのコネクションが重要となるのです。
(3)社会的信用の向上、取引先・反社会的勢力に対する牽制
上記のような目に見える実態的なメリットに加え、顧問弁護士が付くことで、企業の社会的信用が高まるというメリットがあります。同時に、取引先や反社会的勢力に対する牽制となり、違法・不当な取引・対応を仕掛けることが簡単にはできなくなります。このように、顧問契約により具体的に提供されるリーガルサービス以外にも、顧問弁護士が付いているという事実自体が、企業経営に有益なものとなります。
【料金】
メール相談料:メールのみのご相談はお受けしておりません。ただし、事件処理の委任を受けた後は、関連事項に関するメール相談に無料で対応します。
電話相談料:電話のみのご相談はお受けしておりません。ただし、事件処理の委任を受けた後は、関連事項に関する電話相談に無料で対応します。
面談相談料:30分あたり、5,400円(税込)。なお、初回面談のみ1時間まで5,400円(税込)とさせていただきます。

ホームロイヤー

ホームロイヤーは、あなたの悩みや将来への不安を一緒に考える
「かかりつけの弁護士」です。
「今住んでいる家で、自分らしく暮らし続けたい。でも、お金のこと、身体のこと、将来のこと・・・子供に相談できないこともある。」
最近は、ご高齢のご依頼者様からこのようなお声をお聞きすることが多くなりました。
今はしっかりと生活の管理ができていても、将来、入院や介護が必要になったとき、入居する施設をどう決めたらいいだろうか・・・きちんと契約はできるだろうか?
万が一認知症になったときに、お金の管理ができるのか・・・。
「“信頼できる人” に相談し、自分のあり方を託したい・・・。」
問題は、 “信頼できる人” を、どう探すか。ホームロイヤーとあなたとの継続的な関係の中で、お互いに信頼関係を築いていきましょう。

ホームロイヤーとしてご契約いただきましたら、

(1) まずは、あなたとあなたのご家族の状況をお伺いし、これからどのような暮らし方を希望しておられるのか、また、今後判断能力が低下したときや、亡くなった後のことなどについてのお考えをお伺いいたします。
病院のカルテと同様、弁護士はそれを「ライフプランノート」としてきちんと書面にまとめて、大切に保管し、その実行をサポートしていきます。

(2) 月に1回程度、弁護士から定期的にご連絡を差し上げ、お変わりなくおすごしであるか、何か困っておられることなどはないか確認をいたします。昨今の高齢者を狙った犯罪が多発していますが、もし気になることがあるときは、その都度電話などにて状況をお聞かせください。また、当方はファイナンシャル・プランナー(FP)でもあり、いわば「お金と暮らしの専門家」でもあります。法律の専門家である弁護士としてだけではなく、プラスαのアドバイスをさせていただくことができます。

(3) 時の流れとともに、将来に対するお考えやお気持ちが変化していく中で、場合によってはライフプランそのものの見直しをすることももちろんあるでしょう。
「遺言書を書いておきたい」「「後見人について考えておきたい」等々、あなたにとってベストな方法を弁護士とともに考えていきましょう。

(4) 介護や医療等の対応が必要となった場合には、その専門分野の方々と連携し、法的な問題にはアドバイスをしつつ一緒にサポートさせていただきます。

※ 以上の他に、オプションとして財産管理等委任契約、任意後見契約、死後事務委任契約等を締結したり、また、遺言書の作成・保管、相続・事業承継対策、その他個別紛争解決のための相談や代理人としての活動など、幅広くサポートをしていきます。
「今のままの暮らしを、なるべく身内に迷惑をかけない形で、自分で頑張りたい。」
あなたの状況をよく分かっている専門家がパートナーとなり、継続的にサポートをさせていただくことで、あなたは「自分らしく」を大きな「安心」の中で実現することできるのです。
 それが、弁護士とホームロイヤー契約を結ぶ、一番のメリットです。
ホームロイヤー契約の費用は...
月額5,000円(消費税別)から月額50,000(消費税別)の間で、業務量に応じてご相談により決めさせていただきます。標準額は月額10,000円です。
オプション契約については、ホームロイヤー契約を結んでいるご依頼者は、通常料金の2割引きとさせていただきます。

刑事事件

裁判になってもいない捜査段階では、まだ弁護士に依頼する必要性がないとお考えの方もいらっしゃいますが、捜査段階での依頼を受けた場合、まず弁護士として被疑者の人権を確保することが出来ます。その上で適正な捜査の確保を請求することも出来ます。
早めにご相談頂くことが肝心です。さらに弁護士であれば、接見禁止でも立会人なしで、接見することが出来ます。
さらに、早期の身柄解放が可能になり、場合によっては起訴猶予・不起訴に持ち込むことが可能になるのです。
このように、捜査段階で弁護士に依頼するのはさまざまなメリットがあると考えます。
【料金】
メール相談料:メールのみのご相談はお受けしておりません。ただし、事件処理の委任を受けた後は、関連事項に関するメール相談に無料で対応します。
電話相談料:電話のみのご相談はお受けしておりません。ただし、事件処理の委任を受けた後は、関連事項に関する電話相談に無料で対応します。
面談相談料:30分あたり、5,400円(税込)。なお、初回面談のみ1時間まで5,400円(税込)とさせていただきます。
梅ヶ枝町法律事務所の取扱業務についてご紹介します。
梅ヶ枝町法律事務所の取扱業務のご紹介
©梅ヶ枝町法律事務所 All rights Reserved.